パイロキープ耐溶剤/耐薬品試験用塗板作成|彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
パイロキープ特約代理店 通信販売|株式会社彩色工房
営業日・営業時間|彩色工房
メールフォーム|彩色工房
通信販売|彩色工房
パイロキープ耐溶剤/耐薬品試験用塗板作成|彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
TOPページ > 彩色工房ブログ
株式会社彩色工房
〒739-1732
広島市安佐北区落合南1丁目3-13 富田第一ビル104

パイロキープ耐溶剤/耐薬品試験用塗板作成。硬化促進剤添加

2018/04/10 23:11:15  ハウツー
パイロキープは強靭な塗料の為、耐薬品/耐溶剤塗料としてのご要望が多い塗料です。
但し、さまざまな条件、ご要望の中でどれだけ保ちますか?と聞かれて
一部のデータを提示させて頂いても中々実際のイメージとはなりません。
よって実際の薬剤を使用して虐化テストを現場で行って頂き耐久性を判断して
頂くケースも多いです。
耐薬品/耐溶剤仕様ではTS2000+TS-FXクリアーの組み合わせが標準となります。
この仕様は落書き対策、耐汚染仕様としても使用します。
TS2000+TS-FXクリアーの試験用塗板作成中です。
塗板が小さい為、今回は30佗の溶剤用ナイロンの小刷毛を使用しての塗布です。
弊社ではパイロキープTS2000の塗装では硬化促進剤 2%添加で作業します。
TS-FXクリアーの場合、硬化促進剤を添加すると極端の使用可能時間が短くなりますので
基本は促進剤は添加しません。
但しTS-FXクリアーは大変タック切れの悪い塗料の為、又今回は極小さな塗板作成の為
0.2%とゆう極少量を添加して作業を行いました。
ここらへんの微調整がパイロキープの特殊性ではあります。
これから気温が高くなり慣れないうちは、施工時間に余裕を持って添加無しを選ばれる方が良いかもしれません。
硬化促進剤の添加は小面積塗装の場合5gとか10gとかの微量の添加もございます。
硬化促進剤を添加される場合は必ず料理用精密秤、5gスポイド等を使用して頂き
正確計量にてご使用願います。
パイロキープの塗装後の刷毛はシンナーを交換して手もみで2度洗いします。
簡単な洗いでは大抵使用不可となります。
耐薬品/耐溶剤性が強い反面、どんな強溶剤でも戻らないやっかいさもあります。

刷毛ももったいないので一生懸命洗って次に戻りやすくするため刷毛先を広げて
保管するのですが、それでも戻らず使い捨てになってしまう場合が多いです。
ごわごわの刷毛で無理無理塗装したら綺麗な仕上がりになりません。
ご了承願います。
Copyrights 2013-2020 パイロキー プ特約代理店&全国販売の株式会社 彩色工房