屋上トップコート改修工事|株式会社彩色工房
パイロキープ特約代理店 通信販売|株式会社彩色工房
営業日・営業時間|彩色工房
メールフォーム|彩色工房
通信販売|彩色工房
屋上トップコート改修工事|株式会社彩色工房
TOPページ > 屋上トップコート改修工事
こんにちは
ゲスト さん
株式会社彩色工房
〒739-1732
広島市安佐北区落合南1丁目3-13 富田第一ビル104
屋上トップコート改修工事|株式会社彩色工房

屋上トップコート改修工事 屋上防水層の低コスト延命ができ、且つ光熱費削減等、省エネ効果の期待できる工事です。

施工エリア:広島県 施工:堤防水塗装工業(株)

うちの屋上はまだ雨漏り無いから改修なんて考えなくて良い?

一般に屋上防水は、前回改修から5〜7年を経過するとトップコートの塗替えをすることが推奨されています。
トップコートとは防水層の上にある塗膜で、防水層を守る役割を担っています。
常に紫外線や太陽の熱、酸性雨などにさらされるわけですから最初にトップコートから傷んでいきます。
そのトップコートを傷む手前で補修してやると、その下の防水層は傷むことなく、きれいなまま長期間保つことができ、その結果屋上や建物の長期に渡る延命ができるのです。
その改修工事のスパンが大体5〜7年というわけです。

しかし そうはいっても実際雨漏りも無く、特に不都合も感じないのに、余計と思われるお金がかかる
改修などしたくないのが人情だと思います。
多くの人が、雨漏りがあるまで放置し、雨漏り後にあわてて改修を考えているのが現状ではないでしょうか。

雨漏りがあるということは建物が内部まで傷んでいるということなのです

ただし雨漏りが有るということは、実は既に防水層まで劣化破損してしまっている状態です。
人間に例えると、早期発見だと投薬だけで直った病気を、放置して、大手術をしなければならなくなった、
ということに似ています。
また、本来守られていなければならない建物の内部がむき出しになり、厳しい環境にさらされ
健全な状態のときより劣化の速度も速くなっています。
結果建物自体の寿命も本来のそれより短くなっていきます。

費用面もさらに大変です。
防水層が破損していると防水層はもちろんその下の建物内部まで破損してしまっている可能性がありますから、調査してみないとどのくらいの補修が必要になるかわかりません。
かかる費用は想像以上に大きくなる可能性があります。

早めの改修と雨漏りした都度に改修、トータルコストの比較は?

でもここで疑問が出るかもしれません。
雨漏りしてから改修すると費用も多くかかるというけれど、早め早めの改修は5〜7年ごとに何度かするわけ
だし、結局トータルで考えるとどちらも費用は変わらないのじゃないの?
いや、むしろ高いのじゃないの?と。
大変気になりますね。本当のところどうなのでしょう?

では比較してみましょう。
※施工面積100屐∧声劼砲いて平均的なケースを想定。
7年毎にトップコートのみ改修した場合と雨漏り発生まで放置後の改修の場合の概算費用の比較|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房
もちろん面積や工法等でケースバイケースの違いがあり、上記は一例にすぎませんが、
トータルコストはほとんどのケースで早め早めのトップコート改修の方が安くなると思われます。
おまけに早めのトップコート改修の場合では建物の寿命は通常通り保ちますが、雨漏りの都度改修だと建物の寿命は通常よりも確実に短くなっていきますから、資産価値にも差が出てきます。

ご自分で屋上に上がってチェックしてみませんか?

雨漏りがある前の早めの改修の重要性はわかっていただけたでしょうか?
では実際あなたのビルはどういう状態でしょうか?
あまり屋上に上がったことのない方も良い機会です。いますぐ上がってみませんか?

赤信号!こんな状態になっていませんか?

下の写真の状態は赤信号です!
例え雨漏りが見当たらなくてもトップコートの役目はなくなり防水層まで劣化している可能性大です。
このまま放置すると近い将来雨漏りもあるかもしれません。
これ以上劣化が進む前に早急に改修をおすすめします。
水蒸気圧、腫れによる収縮、ジョイントの口開き漏水原因|チェックポイント|屋上に上がってチェック|株式会社彩色工房
クロロプレン系接着剤(ゴム糊)が接着力を失い、強風にあおられてシートがめくれた状況|チェックポイント|屋上に上がってチェック|株式会社彩色工房
シートの腫れによりシート中央に断続的にテンションが掛かりシートが破断した状況|チェックポイント|屋上に上がってチェック|株式会社彩色工房
腫れによるジョイントの口開きからの漏水|チェックポイント|屋上に上がってチェック|株式会社彩色工房
ジョイント周りの塗りの防水剤の収縮クラック|チェックポイント|屋上に上がってチェック|株式会社彩色工房
腫れの放置からの亀裂破断状況|チェックポイント|屋上に上がってチェック|株式会社彩色工房
腫れからのジョイント口開き状況|チェックポイント|屋上に上がってチェック|株式会社彩色工房
上記のような状況が確認できなかった方

(見落としが無いと仮定して)たちまち安心です。おめでとうございます。
このまま継続して建物を守っていきましょう。

ただ貴方のビルが改修後5〜7年経過しているのであればそろそろトップコートの塗替えを検討されると
良いと思います。
早め早めにトップコートの塗替えをして防水層を守り、建物の価値も守り、貴方のビルをぜひ長持ちさせてください。

そして早めの改修を行うとさらにこんな良いこともあります!

早めのトップコート改修をしていると光熱費の節約になります!

屋上防水層のトップコートの劣化が進むと黒い防水層が透けてきます。
また苔や藻、汚れで黒っぽくなっている状態もあります。

このような状態になると特に夏場は太陽の熱を反射せず吸収するので屋内(特に最上階)は暑くなります。
冷房をかけると適温にするために無駄に電気を使うことになります。まや断熱効果も薄れているのでせっかく冷たくなった空気も常に外気の影響を受けすぐに暑くなろうとします。それをまた冷やし・・・とかなり無駄な電気代を払っていることになります。

下記は黒色の防水シート素地が確認出来るほどに劣化が進行している屋上例です。
塗装後5〜7年程度経過防水層景、塗装後10年程度経過防水層景|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房
トップコート改修で屋上の塗膜の厚みと色を戻してやれば、再び太陽の熱から建物は守られ、
熱や外気の影響を受けにくくなります。
遮熱、断熱効果がアップし、その結果、冷房はもちろん暖房にかかる費用もが抑えられ、光熱費の削減に繋がります。


特に近年の酷暑においては真夏の太陽の遮熱ができればその効果はより強大になると言われます。
そのためにはトップコートに遮熱効果の高い遮熱塗料を使用するのが理想的です。
省エネ 光熱費の節約|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房

高遮熱機能、高保護機能を併せ持つトップコート材。

遮熱塗料と謳われる塗料はたくさんありますが、弊社が経験と実績と対費用効果において自信を持っておすすめする塗料は以下です。
防水層を強力に守り、高い遮熱機能を併せ持つ軽歩行可能なトップコートとして数多くの実績と実力があります。

・クールトップ♯5000セラミック
・水性防水トップクール
・クールトップ♯300si(高耐候性)

そのなかでも特におすすめするのがクールトップ♯5000セラミックです。

まずは炎天下での以下の実験をご覧ください。
ルーフィングシート改修前とクールトップ♯5000セラミック改修部位の表面温度を同時測定。
 
2002/7/12 PM12:20〜12:21 ほぼ同時刻に測定しました。
高遮熱機能、高保護機能を併せ持つトップコート材|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房

改修前のルーフィングシート表面温度は75℃
改修前のルーフィングシート表面温度は75度|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房

改修後クールトップ♯5000セラミック表面温度49℃。改修前部位と比べて−26℃を示しました。
改修後クールトップ#5000セラミック表面温度49度、改修前に比べてー26度を示しました|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房

クールトップ♯5000セラミック工法(遮熱工法)のご提案理由

遮熱塗料規格:
クールトップ♯5000セラミックは、クールルーフ推進協議会指針を全波長領域平均 反射率57.8%(N‐6)でクリアしております。 これらの実績と現状を総合的に考え、この工法を推奨させて頂きました。

遮熱機能詳細(クールトップ♯5000セラミックの遮熱効果):
  同塗材は、高反射顔料、中空セラミックバルーンの配合により、一般の防水層保護塗料との同系色比較におき、12.3〜20.8℃のシート裏面温度の低下を示しております。(別紙参照:防水シート(1.2弌卜¬未離圈璽温度比較データ)
シート裏面の温度差は12.3〜20.8℃の低減を示しており、夏場の遮熱による省エネ、室内環境の改善が期待出来ます。 一般に表面温度差の10分の1程度が室内温度差になっております。よって別紙実測シュミレーションのケースでは、一般の防水層保護塗料と比較し1.2〜2.0℃の室内温度の低減が期待出来ます。 (ホワイト使用では、2.5℃) 空調省エネでは1℃が約10%とされており、(省エネルギーセンター実測データより)これによると12%〜25%の削減が期待出来ます。 又、防水層の保護としましては、表面温度55℃越えから素地の水蒸気圧の影響が大となる見解があります。クールトップ♯5000セラミックでは、各色のいずれも55℃を越えておらず(夏場の気温ピーク時想定)防水層の膨れ、ジョイントの伸び等の防水層劣化の低減も期待出来ます。
クールトップ♯5000セラミックには、グリーン、グレー、ホワイトがございます。ホワイトが43.4℃の最大遮熱効果を示しております。但し、ホワイト使用では、歩く事の多い場合、汚れ・近くに窓がある場合の照り返し及びまぶしさ等を指摘される事があります。これら条件をご考慮の上、色設定をお願い致します。

日射吸収率参考:  
一般の防水層保護塗料シルバーグレー(現行色)75%
クールトップ♯5000セラミックグレー 37%  
クールトップ♯5000セラミックホワイト 22%
クールトップ♯5000セラミックグリーン45%
(数字の大きい物ほど吸熱が大きくなります)

遮熱塗料規格:
クールトップ♯5000セラミックは、クールルーフ推進協議会指針を全波長領域平均反射率57.8%(N‐6)でクリアしております。

遮熱機能の無い防水層保護塗料とクールトップ♯5000セラミックの表面温度比較
以下は同じ材料でも色によって遮熱効果も異なる、という面白い実験結果です。

(グリーン系)
同じ材料でも色によって遮熱効果は異なります(グリーン系)|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房

(グレー系)
同じ材料でも色によって遮熱効果は異なります(グレー系)|屋上トップコート改修|株式会社彩色工房

改修は必要?どのくらいかかる?ご相談はお気軽にどうぞ

屋上を見てみたけれど状態が判断できない、屋上を見られない、プロの目から見た意見を聞きたい、等
ご相談ごとがありましたら弊社までお気軽にお問合せください。
弊社の営業圏内でしたら、 御希望があれば塗料のこと、建物のことを知り尽くした弊社の
一級建築施工管理技士が現地までお伺いして建物の状況を拝見させていただきます。
そして状況を見せていただき、 お客様の建物にとって、重要度の高い必須な工事、余裕があれば行ったほうが良い工事、等、ご説明と御見積もりをさしあげます。 もちろん費用は無料です。
必要の無い工事をおすすめすることは決してございませんし、
また御見積もりをしたからといって必ず工事をしなければならないということもございません。
どうぞご安心くださってお気軽にお問合せください。
詳細希望・御見積り希望・購入希望などお問い合わせはお気軽にどうぞ。メールフォームはこちら|株式会社彩色工房
Copyrights 2013-2017 パイロキー プ特約代理店&全国販売の株式会社 彩色工房