彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
パイロキープ特約代理店 通信販売|株式会社彩色工房
営業日・営業時間|彩色工房
メールフォーム|彩色工房
通信販売|彩色工房
彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
TOPページ > 彩色工房ブログ
株式会社彩色工房
〒739-1732
広島市安佐北区落合南1丁目3-13 富田第一ビル104

ホーローバス錆 錆止め材検証

2021/04/17 10:45:05  実験室

錆発生のホーローバス

比較的大きく深い錆発生のホーローバスです。
ヘアークラック程度の浅い錆でしたらエポキシパテ処理で抑える事も可能かと思いますが写真のような深い錆では短期間で再発する場合も有りますのでより強力でより作業性の良い錆止め材を探しておりました。


錆転換系錆び止めプライマーサビシャット

錆転換系で錆固着力の強力な2液性プライマー、サビシャットの検証を行いました。
検証ポイントは、
○強力な防錆力、錆固着力があるのか
○ヘアークラックへの浸透性が高く除去出来ない錆に対しても錆転換により防錆し強い
 固着力があるのか
○錆部以外のホーロー部にも付着する事も想定し、これの密着力はあるのか
これらについて検証してみました。
サビシャットは錆び止め剤で定評のある大日本塗料の製品です。

試験材

試験材は、
〇の進行した鉄蓋
▲曄璽蹇爾汎閏船ラス質の釉薬タイル(密着確認)

2液混和

主剤5:硬化剤1 割合での混和状況です。
混和後の使用可能時間は5時間(20℃)です。
塗布後3時間以上(20℃)待って→エポキシパテ処理します。

サビシャット塗布

刷毛塗りでサビシャットを塗布しました。
研磨部と無研磨部への塗布です。

硬化

3時間後の硬化状況です。
右半分が塗布面ですです。
錆転換系ですので右下の錆部が錆と反応して黒錆に転換されているのが確認出来ます。


固着力確認

カッターナイフでのスクラッチテストです。
錆を強力に固着しています。

密着テスト

ホーロー部に付着した場合の密着力確認で釉薬タイルで碁盤目剥離(JIS規格)を確認しました。
結果は0/25マスで問題ありません。

結果

結果はホーローバスの防錆として充分な効果を確認できました。
2液性のプライマーではありますが、次工程のインターバルも比較的短く作業性も良かったです。
推奨出来る錆び止めプライマーで今後は120gセットに小分けして近日ネットショップで扱いさせて頂きたく思います。
大日本塗料データ(ご参考)
サビシャット製品説明
サビシャット基本仕様



ぷるごんチャンネルさんのYouTube動画!!(浴槽ローラー塗り)

2021/02/24 21:32:12  施工実績

ぷるごんチャンネルさんのYouTube動画!!

先日YouTubeで教科書のようなバスタブのDIY塗装動画を発見しました。
ぷるごんさんが中古住宅をセルフリノベーションする中で弊社のバスピュアコートを使って頂きローラー塗りでものの見事にバスタブ塗装をされています!!
一般に女性の方はシンナー臭の強い塗料は苦手と思い込んでおりましたが、送風機やマスクを使用しピカピカに仕上げられました。
前処理からクリアートップまで手塗り作業としては完璧と思います。
ローラーの抜け毛があったのと一部ダレがあったのが後悔と言われていますが初めてのチャレンジでこれほどの精度はDIY女子恐るべしです。
「少しでも誰かの役に立てたら良いなという思いで動画を作っていますので、これからDIYする人にとって良くも悪くも参考になるなら私としても嬉しく思います^^」と言って頂きましたので近く動画のリンクを貼らして頂きます!!

動画リンクをトップページとネットショップに貼らせていただきました。
ぷるごんチャンネルさん動画

パイロキープ 消泡

2020/12/29 16:12:17  施工実績

パイロキープローラー作業での泡噛みと泡残り

パイロキープの欠点がローラー作業での泡噛み、泡残りでした。
写真のように細かな泡が残りますので基本ローラ作業はNGとしています。

パイロキープローラー作業での泡残り解消

今回プールの塗装改修作業で偶然イサム塗料の消泡剤を使用したところ、
細かな泡を消す事に成功しました。
これまで一向に解消出来無かった泡噛み、泡残りですが今回初めてこれを解消出来ました。

イサム消泡剤

各社消泡剤はシリコン系の物が多いので相性が悪いとハジキの原因となってました。
その中で今回のイサム消泡剤はハジキも無く良好でした。
今回は現場での緊急使用でしたので今後添加量、貯蔵安定性等のテストをします。
結果はまたブログにてご報告したいと思います。

錆再発のホーローバス部分補修

2020/12/12 04:43:53  施工実績

熱水吹き出し口周りからの錆汁

2年前に改修リメイク塗装したホーローバスの吹き出し口周りからの錆汁発生です。

2年前改修前

元々の状態が悪かったので、前処理のパテ処理をもう少し厚付けすれば良かったのですが、見た目を考えて薄かったです。

2年前の仕上げ状況。
エポキシパテが薄かったです。

エポキシパテ

使用のエポキシパテはソーラーエポックス910ソフトです。

エポキシパテヘラシゴキ

今回は厚付けとなるよう三角打ちとしました。

問題個所は5ミリ厚くらい乗せました。
これくらい乗せて置けば長期保ってくれるでしょう。

補修、塗装完了

補修、塗装完了

2年前の塗装改修ホーローバスですが、全体に特に艶感の変化も無く当時のままでです。

クラック補修

2020/11/13 17:03:02  施工実績

クラック補修

3年半前にパイロキープによる塗装改修を行ったポリバスです。
一部に1mm深さ、10冂皇度のクラックが発生しておりこれの改修です。
深さからバスタブクラックが起因の塗膜クッラクと思われます。
よってエポキシパテ処理→パイロキープ色合わせ→塗装
の工程で補修します。

クラック部研磨

クラック周りをテーピングしてテーピング内を研磨しました。
ジスクは3Mのスポンジジスクミディアムです。
平滑に研磨→シンナー清掃です。

エポキシパテ処理

使用エポキシパテは、ソーラー社のエポックス910ソフトを使用しました。
パテの厚みはテープの枚数で調整します。今回は紙テープ3枚貼りとしました。
3枚貼りでは1mm程度の厚みとなります。

パテシゴキ

エポキシパテをパテヘラで均一にシゴキ塗布します。
20分程度待ってパテが手に付かない程度でテープ養生を剥がします。

パテ処理状況

テープ養生を剥がしました。
エッジ部が若干盛り上がっていますのでエッジ部のみを研磨して整えます。

色合わせ

バスタブの色合いがベージュ系ですので、
パイロキープ白をベースにカラートナー黒、オーカ、赤さびで色作りします。
使用したカラートナーはハイコンク溶剤用です。
カラートナーは溶剤ウレタン使用可能の物なら各社いずれも使用可能です。

上塗り塗布

色合わせしたパイロキープをタッチアップ塗布します。
弊社の刷毛塗りではナイロン目地刷毛溶剤用2冑を多用します。
この刷毛は毛足が長く柔らかい。
ナイロン刷毛なので抜け毛が少なくゴミ噛みも少ない。
レベリング性も良く刷毛目も出にくいです。

今回の現場はパイロキープの補修ですのでパイロキープを使用しています。

クラック補修完了

クラック補修→パテ処理→パイロキープ塗布終了
パテに厚みがあり、技量も不足で、補修部は判りますが施主様にご了解頂き終了しました。

Page 1 / 16
Copyrights 2013-2021 パイロキー プ特約代理店&全国販売の株式会社 彩色工房