彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
パイロキープ特約代理店 通信販売|株式会社彩色工房
営業日・営業時間|彩色工房
メールフォーム|彩色工房
通信販売|彩色工房
彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
TOPページ > 彩色工房ブログ
株式会社彩色工房
〒739-1732
広島市安佐北区落合南1丁目3-13 富田第一ビル104              TEL:082-847-3080     FAX:082-847-3080
  

塗膜剥がれタッチアップ補修

2022/07/12 00:14:33  施工実績

塗膜剥がれタッチアップ補修

10年前くらい前に塗装したポリバス2箇所に剥がれが出た現場
ビフォーです。(天端)
ビフォーです。(底板立ち上がり)

施工中前処理

天端の脆弱部をカッターにより除去→研磨→脱脂
脱脂は現在の塗膜を傷めない程度、少量のシンナーで軽めに行った。
底板立ち上がりの脆弱部を研磨により除去→研磨→脱脂

補修箇所

奥→底板立ち上がり部
手前→天端平面部

色合わせ現場調色

今回の現場色はアイボリーですのでパイロキープ白ベースにハイコンク(溶剤用)
黒、赤錆、オーカで調色します。前もっては主剤のみで調色します。
なかなかピッタリとは合いませんので最終は主剤のみを塗る→拭き取る→塗る→拭き取るを繰り返して合わせました。
調色合わせに1時間位掛かりました。

ナイロン目地刷毛で塗装

違う現場ですが、ナイロン目地刷毛でタッチアップ補修中です。
小面積の補修塗装にはナイロン目地刷毛が作業性良好です。

補修アフター

パッと見では補修箇所は判らなくなりました。

仕上げ

精度を上げる為には仕上げで研磨→コンパウンドポリッシングします。
今回は小面積なので手掛けポリッシングで仕上げました。

研摩ジスク

今回使用したスポンジ研磨各種です。

ホーローバスの錆止め処理

2022/07/09 20:01:07  施工実績

ホーローバスの錆止め処理 浮き錆除去

大小の錆が発生しているホーローバスの錆処理です。
ワイヤーブラシで浮き錆は極力研磨して除去します。

錆部の錆止め処理

サビシャット(2液性錆転換型エポキシ錆止め)を塗布します。

エポキシパテによる錆部コーティング

2剤型エポキシパテをパテヘラでシゴキ塗りし、錆部を丁寧にコーティングします。
〇エポックス910ソフト(弊社扱い品)
〇クイックメンダー(ホームセンター扱い品)

全体研磨

パテ処理部を含めホーローバス全体を研磨します。

ホーローバス用下塗り塗布

ホーローベースコートJW白を吹付け塗布した状況です。
吹付けの場合は1回で800gセットを使用しています。
吹付けでは均一な厚塗りか可能です。
ローラーや刷毛塗りでは1回での厚塗りは難しい為500g〜600gセットを作成します。
ローラーや刷毛塗りでは色むらとなり易いですが、これの主目的は密着プライマーですので色むらは問題ありません。
素地が荒れている場合、ローラーや刷毛塗りでは2回塗りして厚付け→研磨して素地を整える場合もあります。
〇密着の悪いホーローバスの密着強化用下塗り(主目的)
〇素地の荒れているホーローバスの素地作り用下塗り
〇耐水性を上げ錆と湯水を縁切りする
等の目的で使用します。
等々錆のあるホーローバスの前処理は手間が掛かりますが、これらの工程を丁寧に行う事で錆の再発を長期抑え込む事が出来ます。
Copyrights 2013-2022 パイロキー プ特約代理店&全国販売の株式会社 彩色工房