浸透性防錆剤SP-573|彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
パイロキープ特約代理店 通信販売|株式会社彩色工房
営業日・営業時間|彩色工房
メールフォーム|彩色工房
通信販売|彩色工房
浸透性防錆剤SP-573|彩色工房ブログ | 株式会社彩色工房
TOPページ > 彩色工房ブログ
株式会社彩色工房
〒739-1732
広島市安佐北区落合南1丁目3-13 富田第一ビル104

浸透性防錆剤SP-573

2019/04/21 18:39:18  実験室

2液性浸透性防錆剤SP-573クリアー及びカラー

長年懇意にしています大阪のメーカーS社が浸透性防錆剤サンプルを送って来てくれました。
まだ試作品との事ですがほぼ完成しており、あとはブツ取りを検討中とのことです。
超ハイソリッド且つ低分子のシリコン及び低分子のイソシアネートポリウレタンによる高浸透性と塗膜の緻密性を有する為、金属防錆、防食に優れる。
超ハイソリッド且つ低分子シリコンの高配合率と塗膜の緻密性により極めて高い溶剤及び薬品抵抗性を有する。。との事です。
難解なメカニズムですがS社は長年これに取り組んでいますので期待して見てみます。結果が良ければ大変使用範囲が広いです。
S社では現在で2年間暴露OKとの事ですが、こちらでも塩水促進と暴露を見てみます。

サンプル.リアー

写真ではN-8位の淡グレー色に見えますが、ガラスフレークの色です。
塗った状態ではクリアーになります。
ガラスフレークは表層で鱗片状となり被膜強度や膜厚を上げ、外部遮断性を高めます。

鉄ポールの錆面にSP-573クリアー塗布

暴露は錆根の深い雨打たれの鉄ポールで行います。
3種ケレンで錆頭だけ飛ばしSP-573クリアーを刷毛塗りしました。
錆の上からの塗装なので刷毛に錆粉が付いて刷毛が錆色になっています。何分にも不安なので1時間のインターバルで2回塗りしました。

天気の良い屋外ですが、1時間程度で表面のタック感はありません。
タック感はありませんが、錆の深部は半硬化と思いますので時間を置いて白色の上塗りを1回塗りします。
白色の上塗りは大変錆が目立ちやすいので錆が進行した場合判りやすいです。
比較の為、同じポールで一般によく使用されている変性エポキシ系錆止めも塗布します。

浸透性防錆剤SP-573と変性エポキシ系錆止めの比較

浸透性防錆剤SP-573の防錆力確認の為、比較錆止めに一般に広く使用されている変性エポキシ錆止めグレーを並べて塗布しました。

塗布の変性エポキシ系錆止めグレーです。

暴露試験

上塗りは溶剤型アクリル白の1回塗りです。
錆び止めの防錆力確認なので上塗りはあえて1回塗りとしました。
白なので錆発生の場合は判りやすいです。
当分変化は無いと思いますが本日より暴露を開始しました。
上から、
〇変性エポキシ系錆止め
〇浸透性防錆剤SP-573
〇錆転換型錆止め(4/3ブログにて塗布)
の3種類です。

ポールは雨天では雨掛かりするポールです。

Copyrights 2013-2019 パイロキー プ特約代理店&全国販売の株式会社 彩色工房